【六本木】SIX TOKYO(シックス トーキョー)

シックス東京のトップ画像

六本木 SIX(シックス)の紹介

シックス東京は、V2と同じロアビルにある。
V2の客層が悪い箱として知られていた。

週末のV2だが、男は0時半くらいから並ばされる。
長い時は1時間以上だ。
それに耐え切れず、シックスに流れてくるので、必然的に男性の比率が高くなる。

V2はガツガツナンパがあるが、シックスはDJの前で踊れるので、踊りメイン・ダンスを重要視している女性が集まりやすい。よって男女比は思ったより偏っていない。V2ほどナンパも多くはない。

レディースシート完備。
しかし、仕切りが他のクラブと比べてないに等しいので、普通にナンパされる感じの構成である。

VIP席も完備。
フロアと同じ空間のスペースと、完全個室がある。
いつも完全個室ではなにをしているのか・・・
気になる。
女性とセットなので、想像は膨らむばかりだ・・・
気にしないことにしているが、どうしても気になる。

六本木 SIX(シックス)のオススメ情報まとめ

ナンパの多さ:★★★★☆(星4つ)

  • 店名
    SIX(シックス)
  • 住所
    東京都港区六本木5-5-1 ロアビル2F
  • 電話番号
    03-3470-6066
  • ジャンル
    ALL MIX・EDM
  • 営業時間
    22:00〜5:00
  • 定休日
    月曜日・火曜日
  • 人が増えはじめる時間
    1〜2時(25時)にかけて人が増え始め、3時から人が減っていく
  • 入場料金
    平日 金・土・祝日 日曜日
    男 : 2,500円 / 2Drink 男 : 3,500円 / 2Drink 男 : 3,000円 / 1Drink
    女 : 1,000円 / 飲み放題 女 : 1,500円 / 1Drink 女 : 2,500円 / 1Drink
  • ドリンクの値段
    コップ系(700円)
    ビン系(1,000円)
  • 最大収容人数
    1100人で歩くのが困難になる
  • フロアの構成
    2フロア
  • 客層・雰囲気
    年齢や職業など、様々。
    誰でも行きやすい。
    V2(バニティ)と同じビルに入っていて、気軽に入れる。
  • スタッフの対応
    男性に対しては普通
    女性に対しては超優しい
  • ホームページ
    http://six-tokyo.jp/

シックスのクーポンやイベント情報

六本木 SIX TOKYO(シックス)の歴史

2013/9/20にオープンしたクラブ。

皆さんも記憶に新しい。
関東連合による、フラワーでの撲殺事件。
2012/9/2のことだ。

それから1年。(その間、短期間だが、スタジオゲート(studio gate)という名前で短い期間だがオープン。そしてすぐに閉店。)
名前を変えてロアビルの2階にオープンした。
その間、短期間だが、スタジオゲート(studio gate)という名前で短い期間だがオープン。そしてすぐに閉店。

悲惨な過去を持っているからこそ「安全」に楽しめる空間が用意されている。

開店当初は客足もまばらだったが、現在は客足も回復している。

悪い出来事は忘れ、いいことを記憶する。

常連が戻っている姿を見ると、人の心の強さを垣間見ることができた。

日常を忘れてパーティする。
クラブの存在理由。クラブの社会貢献。

そんな深いところまで考えることができた。

今では、本当に安全です。
安心して遊ぶことが可能。

カラーのフロア構成と入場までの流れ

ドンキの向かい、ロアビルにシックスはある。

ドンキの向かいのビルに居酒屋「にじゅうまる」があるが、そこの左手が受付だ。

上記の通り、過去に殺人事件が起こっているので、ボディチェックがしっかりと行われる。

ボディチェックを終えると、階段を上がって受付だ。
そこで料金を支払う。

ゲストを取っている場合は、ここでゲストということを伝えよう。

入ってすぐにコインロッカーがあるので、利用しよう。
300円なので、小銭の用意をしておいた方がいい。

ロッカーの先にはサブフロア。
その奥がメインフロアとなる。

音楽のジャンルはイベントにもよるが大半は決まっている。
メイン・・・EDM・ALL MIX
サブ ・・・HIP HOP・R&B

お立ち台は多め。
踊るのが好きな女性には嬉しいと思う。

SIXTOKYO(シックス)のドリンク料金

  • コップ系(700円)
  • ビン系(1,000円)

一般的な六本木価格。
カクテルの味が安定している。
良くも悪くも、バーテンダーがまったりしている。
いくら客が並んでも自分のペースで酒を作っている場合が多い。

六本木 SIX(シックス)の雰囲気

【ナンパ】
結構ある。
基本的に若すぎる人は少ないので、強引なナンパはない。
他のクラブと比べ、比較的あっさりしている気がする。
レディース席は完備している。
ナンパに疲れた女性は、レディースシートで遊ぶことを勧める。
しかし、シックスのレディースシートは他のクラブと比べ、仕切りっぽい雰囲気が少ない。よって普通に声がかけられるので、覚えておこう。

【客層】
社会人も学生もいる。
22〜28歳くらいの比率が高い。
シックスは気軽に足を運びやすい箱だ。
色々な人がいる。
男性も女性も、二十歳の学生から、人生経験豊富なアラサーまで。様々だ。

【男女比】
7:3から8:2
一般的なクラブの比率。
V2が混みすぎていると、男性比率は一気に上昇する。
V2の激混みに疲弊した女性が3時すぎから流れてくるので、徐々に7:3に戻る傾向がある。

【雰囲気】
1時から2時にかけて、だんだんと人が増えます。
4時をピークに人が減り始める。
クラバー・パリピが多いので、遅い時間まで盛り上がっていることが多い。
内輪な雰囲気は多少あるが、ないと評価してもいいくらいのレベル。
初めて行く場合でも楽しめます。
スタッフの対応はいい方。
女性には非常に優しい。

女性はV2(バニティ)ColoR(カラー)と同じく完全無料の場合が多いので、はしごしている女性が非常に多いのが特徴。
男性に変化は少ないが、女性はどんどん入れ替わる。

ゲスト入場することで、安く入場が可能。

[ 2015 / 3 / 8 土曜日] ナンパの多さ★2つから、4つに変更。
人も短い行列ができるくらいは入っている。

数ヶ月前までは、内輪感の強い感じがありましたが、完全にナンパ箱になっていた。
男女、多くのカップルが生まれていた。