【銀座】CLUB DIANA(ディアナ)

DIANA(ディアナ)のホームページのロゴ

銀座 Club Diana(ディアナ)の紹介

日比谷と有楽町、銀座の中間にジニアス東京はある。
最寄駅は日比谷と有楽町。同じくらいだ。
とにかく、珍しいことが多いクラブだ。

特に営業時間。
通常は深夜から人が集まり始める。
しかしディアナの場合、25時以降の営業は一切行っていない。
早い段階で人が集まるので、翌日が仕事でも楽しむことが可能だ。

居酒屋やバーの代わりに利用する人も多い。

銀座Diana(ディアナ)の内装

写真の通り、内装にはふんだんにお金を使っていることが手に取るようにわかる。
一流の会社やファッションブランドが密集している銀座や有楽町にあるクラブならではだ。

銀座 CLUB DIANA(ディアナ)のオススメ情報まとめ

ナンパの多さ:★☆☆☆☆(星1つ)

  • 店名
    CLUB DIANA(ディアナ)
  • 住所
    東京都千代田区有楽町1-5-2東宝ツインタワービルB2・B3
  • 電話番号
    03-3571-5830
  • ジャンル
    ALL MIX・EDM・HIPHOP・R&B
  • 営業時間・入場料金
    金曜日・祝日
    (18〜25時)
    男性 : 4,000円 / 2Drink
    女性 : 2,500円 / 3Drink
    土曜日
    (18〜24時)
    男性 : 3,500円 / 2Drink
    女性 : 2,000円 / 2Drink
    日曜日・火曜日
    (18〜24時)
    男性 : 2,500円 / 2Drink
    女性 : 1,000円 / 2Drink
    水曜日
    (18〜24時)
    男性 : 2,500円 / 2Drink
    女性 : 2,000円 / 2Drink
    木曜日
    (18〜24時)
    男性 : 3,500円 / 2Drink
    女性 : 1,000円 / 飲み放題
  • HAPPY HOUR(18:00〜20:00)
    金曜日は飲み放題

    祝・日・火曜日 全員 : 1,000円 / 飲み放題
    水曜日 男性 : 1,500円 / 2Drink 女性 : 1,000円 / 2Drink
    その他 男性 : 2,500円 / 2Drink
    女性 : 1,000円 / 2Drink
  • 定休日
    月曜日
  • 人が増えはじめる時間
    早い時間から増える。
    朝まで営業しない珍しいクラブ。

  • ドリンクの値段
    コップ系(調査中)
    ビン系(調査中)
  • 最大収容人数
    900人で歩くのが困難になる
  • フロアの構成
    3フロア
  • 客層・雰囲気
    年齢層は高め。
    若い層はあまりいない。
    25歳以上なら行きやすい。
  • スタッフの対応
    男性に対しては普通
    女性に対しては神様仏様
  • ホームページ
    http://clubdiana.jp/

ディアナのクーポンやイベント情報

Diana(ディアナ)のドリンク料金

  • コップ系(調査中)
  • ビン系(調査中)

銀座 GENIUS(ジニアス)の雰囲気

【ナンパ】
たまにある。
強引なナンパはない。
年齢層が高めなので、渋谷や六本木のような雰囲気ではない。
普通のクラブにも、30歳前後の女性はいる。しかし、ディアナには40代とおぼしき女性も珍しくはないのだ。そういう、土地柄、そういった雰囲気なので、若い感じのノリでナンパされることは珍しいだろう。

【客層】
社会人以外見たことがない。
とにかく、年齢が高い層を中心に盛り上がる。
銀座という土地柄、バンカーや証券、金融、ITなど。
一流の人が遊び場所としても使われている。

【男女比】
7:3
一般的なクラブの比率。

【雰囲気】
昔から遊びまくっている雰囲気を醸し出してる人が多い。
若い女性が目当てなら、つまらないと思う。
アラサー女子が未だにパーティしている珍しい光景を見ることが可能だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。