【納涼船ナンパ完全版】納涼船でナンパして出会いをつかむ?!

最近有名になってきました納涼船。
毎年7月1日から9月30日までやっているイベント。そんな納涼船でナンパをしてきたのでレポートしてみたいと思う。

そもそも納涼船とは?

感じだけ見ると、すごく堅苦しい儀式のような想像をするが実際はクルーザー(船)の上でお酒が飲み放題で、音楽やラジオDJがその場を盛り上げるとてもチャラいイベントである。19時に出航し、2時間後の21時に戻ってくる。その2時間で非常に多くの出会いが生まれているらしい。。。そんな納涼船のポイントを先に紹介していこう。

たったこれだけ?!安すぎる料金

なんといっても一番魅力なのはその料金。納涼船は一言で言えば船上パーティーだ。高いんじゃないの?と想像することは容易だ。その料金なんと・・・

2,600円 / 飲み放題

これだけである。本当にこれだけで2時間のイベントが楽しめるのだ。これは人が集まるのも納得である。さらに、浴衣での乗船は1000円OFF!

1,600円 / 飲み放題 (浴衣での乗船限定)

安すぎるぞ、納涼船。これは若者でも気軽に参加できる。
嬉しいことに、納涼船は前払いなので女性に奢る機会もない。飲み放題なので、いい女性がいても奢らなくていいのだ。たったの2,600円ポッキリで船上パーティーを楽しむことができる。コスパが良すぎるのだ。

軽い軽食は販売されているが、価格はどれも数百点程度だしご飯を食べたいという女性はほとんどいないだろう。船を降りる前に食後のデザート感覚でアイスだけでも奢ってあげると好印象かもしれない。それでも3,000円以下である。

納涼船での飲酒はすぐに酔う

居酒屋などと違い、基本的には2時間飲みっぱなしである。アルコールのみをひたすら入れるので、本当に酔っ払いやすいのだ。時間的にも、19時出航なので晩御飯は食べていないだろう。空きっ腹に入れるので、酔っている子が多い。普段はガードが堅そうな子も、この時ばかりはガードが緩くなってカップルが大量に成立しているのだ。実力で勝負したい男性も多いとは思うが、ツールを有効活用することは良いことだ。片道300kmの旅行を誰が徒歩でするだろうか。車や公共機関を活用するのは当たり前だ。酔いというツールを使って男女の仲を縮めるのも突き詰めていけば良い手段といえる。

東京湾を一望する夜景の数々

世界を代表する都市、東京を一望することができる東京湾を一周するルートをクルージングする。その夜景は息を飲むほどに美しく、話題を作る必要がないくらいだ。

カフェでデートするとなると、常に話題は必要になるが納涼船ならそんな煩わしい話題作りも不要だ。夜景が勝手に話題を作ってくれる。

納涼船の公式サイト

公式ホームページ
東京湾納涼船

2015年 実際に納涼船でナンパするレポート

某日、友人と2人で乗船する。予約をしていったが、最寄駅付近では浴衣姿の若者たちで賑わっている。筆者は25歳(2015年当時)なので、若者ばかりのワイワイした雰囲気に多少困惑しながらも歩いているうちに高揚感の方が高まってきた。

若いネーちゃんばっかり!!!!っっっ!

筆者はもともとクラブなどで遊ぶことが多いのだが女性は多くても3割程度だ。(東京のクラブは極端に男ばかり)普段と違う女性の多さに早くもテンションが上がった。

乗船するには予約が必須と感じた。多くの人が集まっていて連日満席となるらしい。キャンセルも発生するが、相当早い時間に行かないと空いていないらしい。浜松町から徒歩10分程度歩き、目的の発着場に。予約をしていたのでその旨を伝えて無事、乗船することができた。

納涼船の内部をレポートする

若いお姉さんばかりに目がいってたのだが、冷静に辺りを見渡すと案外高齢者や家族連れもいる。サラリーマンの飲み会を納涼船でやっているような集団も発見した。船内はイルミネーションで演出はあるものの、本当に普通の船だ。普通の船という感想が一番合っていると思う。しかし、光や音楽の演出。さらには海風に当たりながら港区界隈を一望するロケーションも相まって非日常感は十分に感じることができた。

とりあえずは知らぬ土地なのでまずはパイオニア(先駆者)達の行動を観察することに。序盤にナンパをしているのは若い子が多かった。特に仲良くなる訳でもなく、とりあえずライン交換を繰り返しているようであった。

私たちは普段仕事中心で生活している。後日連絡してデートの約束を取り付けるような行動にリソースは割きたくないと思った。今日、仲良くなって飲みにでも誘う。この方向性に決まった。難易度は少し上がると思うが成功させようと、お互いを奮いたたせ、いざ戦場(船上)へ踏み出したのだ。

いざナンパしてみることに

女性の反応はすこぶる良いことに驚いた。とりあえずみんな、話は聞いてくれる。何人かに話しかけていくうちにとてもフィーリングの合う子達と出会った。大学生でまだ20歳ということだ。私たちは仕事後だったのでスーツのまま来ていたが、(場違い感が強かったです)似合いますねー!と言ってくれたりと、若い子に褒められると素直に胸が高まった。それだけで満足していたことはもちろん内緒だ。

若い子達に強い思いさせたくはなかったのでとても紳士的に振る舞いながら一緒にお酒を飲んだ。聞いてみると彼氏と別れたので船に乗ってみたらしい。話は変わるが出会いを求めている子がとても多く、ナンパ船の噂は本当なのだと確信した。

お酒も進み、綺麗な夜景を観ながら手を繋いで船内の色んなところを回ってみた。浴衣ダンサーズ?というユニットがダンスしていたりと飽きない環境は時間がとても早く感じた。船内放送で間も無く到着するアナウンスがされた時、私たちは船尾で手を繋ぎ、夜景を楽しんでいた。既に無言も心地悪さを感じない程仲良くなれていた。彼女を見つめると目が合い、自然と唇を重ねていた。目を開けると東京の夜景に薄く照らされている彼女をとても可愛いと感じた。とても甘く、メロウな瞬間は短くも長い、そんな時間が流れていた。無言で彼女を抱き寄せていると船は発着所へと到着した。

通称ナンパ船と言われる納涼船の噂は本当だったのか?

この噂は本当でした。船を降りた時、女性と一緒にいる男性は居酒屋や主要駅(渋谷・新宿)へ行く人が多かったと思います。男性のみのメンバーはだらだらと喋っていました。

浜松町周辺は基本的に居酒屋が少なく感じます。
その後飲みに行くのであれば駅を移動することがオススメです。もし終電逃したところでホテルもありませんので・・・

私も駅を変えて飲み直しました。

男性の皆様がナンパする時

納涼船は子どもやお年寄りまで幅広い層に楽しまれているのでマナーは守りましょう。

ナンパは紳士に行うものです!

女性が嫌がるのにしつこくつきまとったりすることはやめましょう。

男なら紳士に女性をエスコートして目的を達成してください。

逆の立場だったらどうですか?
自分を客観視して抱かれたいと思われる自分になれていますか?

女のケツ追っかけ回しているようじゃ一流になれません。
女性が抱かれたいと思うような自分を相手に伝えていくのが真の男だと思います!

ナンパはスマートに
ナンパは紳士に行うものだということを忘れないでください!

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。