クラブのハロウィンイベント詳細(渋谷・六本木)

ハロウィンのクラブ

今年もやってくるハロウィンの季節!
コスプレ女子達

渋谷と六本木は毎年恒例のお祭り騒ぎ。この情報は海外のメディアにも注目されています。

なぜ、ハロウィンがこんなに盛り上がるのか

少なくとも5-6年前(2010年)くらいは一部の若者が仮装したりしているだけで街全体がお祭り状態ではなかった。それが今では街全体の若者に浸透して六本木、渋谷の歩道は人だかりで歩くのも困難に・・・警察が出動し、毎年逮捕者が出ている始末。

渋谷と六本木が圧倒的に盛り上がっている。
新宿など、その他の駅もハロウィンを楽しむ人々はいるが、圧倒的な熱気を感じたいならば渋谷か六本木がオススメ。

ハロウィンのクラブはどうなっているの?

ハロウィンは10月30日前後を指すことが多いが、10月上旬から各クラブは一斉にハロウィンイベントを開催する。10月上旬からコスプレした女子達がどんどん増えます。10月上旬は普段より少しだけ混雑しているかなってくらいですが、中旬になるとごった返していてハンパない混み具合になります。
ハロウィンの女子たち

六本木で一番の集客力を誇るv2に至っては入場規制で3時間待ちになったりする。

最終週の金土は12時でも入場規制が発生
23時ごろでもぱんぱんで何時間も並ぶことになる。

クラブに入れない若者が路上でパリピ

クラブに入れずに路上で酒を飲む若者がとても多い。
ナンパも凄まじく、普段ナンパ遊びをしない男子たちもイベントに便乗してガンガンナンパするので、女性はしつこいナンパに注意しよう。

ハロウィンの路上

ここだけの話、女の子をお持ち帰りできるのか・・・?

女性も見るサイトでゲスな話になるが、管理人も健全な男子なので、申し訳ないが悪しからずで許してほしい。

2年前までは毎年ハロウィン近くになるとクラブ三昧で週5くらいで街に出ていたが、ほとんどお持ち帰りできます。仲間も一人で帰宅することは滅多になかったという・・・

勘違いはダメなので一応。セックスだけしたいなら止めておいた方がいい。みんな東京という経済特区で毎日嫌なことを我慢しながらも働いている。ハロウィンというイベントはそんな毎日の息抜きでもある。みんながコスプレしてお酒を飲んで朝まで遊ぶ。日々の我慢から解放されて騒げる数少ないイベントの1つだ。

そんなテンションが上がっている夜に一緒に楽しんだ結果として一緒に帰って一緒に寝て、一緒に昼飯食って帰路につく。男ならガンガン女を抱いていくべきだと思うが、ナンパはスマートにやってほしい。女のケツおっかけて手をひっぱったり、後ろからベタベタ抱きついて離さないのはやめた方がいい。気持ちはわかるが、正直言って気持ちが悪い。

人を嫌な気持ちにするナンパは誰も得しない。女の子も楽しみたいから来ている。女の子をナンパするなら楽しませて欲しい。

ハロウィンで注意するポイント

なんといっても盗難がハンパなく多い。
財布は持ち歩かないほうがいいだろう。盗難されなくてもコスプレしていると荷物がとてもうざい。

筆者は現金と免許証とクレジットカードと携帯しか持っていかない。

現金・カード系はマネクリに。携帯は首にかけれるアクセサリーを購入している。

20代前後の若者は調子に乗っているので喧嘩っ早い場合が多い。
社会人の男性は酔っ払っても守るべき地位を念頭に置くようにするべきだ。守りものがない人と喧嘩したら結果はどうなっても最終的には負けることになるだろう。

最後に!

ハロウィン(かぼちゃ)

ハロウィンは本当に楽しいイベントだ。毎日、上司やカスタマー、クライアントに縛られて生活している東京の人々がガンガン騒いで楽しめる。今年のハロウィンも皆様が安全で楽しく過ごせるように願っています。
以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。